1. HOME
  2. ファイン・スキルアップ研修一覧
  3. 詳細ページ

★ 研修No.4 多職種連携におけるケアマネジメント
〜ダブル改定からみえてくる介護支援専門員の役割〜

※重要
  主任介護支援専門員更新研修の受講要件となる法定外研修に該当するテーマは、★印を記載しています。
  研修終了後、研修ID番号を付与した受講済証の交付時、本人確認を行いますので
  必ず【介護支援専門員証】をご持参ください。


 2018年のダブル改定では、介護と医療の連携を促す内容が多く盛り込まれ、その連携の要に介護支援専門員が位置づけられています。具体的には@入退院時における病院との連携 A在宅医療における連携 B介護サービス事業者との情報連携などです。今後ますます介護支援専門員に対する期待は高まり、求められる役割も大きくなっています。
 今回の研修では、医療と介護の連携におけるケアマネジメントの機能や役割、入退院時の支援、在宅ケアを支える多職種との連絡調整などについて、事例検討会を通して学びます。

       <内容> ・グループスーパービジョンの必要性
              ・ケアマネジメントに必要な医療との連携及び多職種協働の実現
              ・多職種連携におけるケアマネジメント
              ・【演習】グループスーパービジョンを体験しましょう
日程
平成30年6月20日(水) 午前10時 〜 午後4時
講師
白木 裕子
(株式会社フジケア 代表取締役社長)
【看護師 日本ケアマネジメント学会副理事長 主任介護支援専門員】
対象
介護支援専門員
(居宅介護支援事業所、施設や小規模多機能サービス、グループホーム等の介護支援専門員)
定員
40名
受講料
5,000円
※ ファイン財団シルバーサービス会員は、4,000円
会場
大阪府社会福祉会館 3階 301
大阪市中央区谷町7丁目4−15
最寄駅 地下鉄谷町線・長堀鶴見緑地線
「谷町六丁目」下車
受講にあたっての注意事項・留意点
※主任介護支援専門員更新研修の受講要件となる法定外研修に該当するテーマは、★印を記載しています。
研修終了後、研修ID番号を付与した受講済証の交付時、本人確認を行いますので
必ず【介護支援専門員証】をご持参ください。

地図 会場案内図

研修のお申し込み(受付終了しました)

「研修のお申し込み」ボタンをクリックし、申込フォーム画面へお進みください。
研修は先着順で受付いたします。定員に達し次第締め切りますので何卒ご了承ください。
なお、「受付終了しました」の表示がある場合は受講者募集を終了していますので、「研修のお申し込み」ボタンをクリックすることはできません。

受付終了

申込み・問合せ先
ファイン財団(一般財団法人大阪府地域福祉推進財団)事業振興課 〒542-0012 大阪市中央区谷町7丁目4番15号 大阪府社会福祉会館 電話:06-4304-0294 FAX:06-4304-2941